あまねこ TOP  >  スポンサー広告 >  windows >  ImgBurnのポータブル版を「作成」する方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ImgBurnのポータブル版を「作成」する方法

どうもImgBurnのポータブル版は簡単に作れるっぽい。
今まで複数のパソコンで使えるようにポータブル版を好んできたが、ImgBurnの公式ポータブル版はリリースされていない。(2013年6月17日現在)

そこで有名なあのサイト、portableapps.comでリリースされたImgBurnを使っていたが今回簡単にポータブル版が作れることを知ったのでやり方をメモ。
①公式サイトから最新のインストーラー版をダウンロード
Universal Extractor等を利用してexe形式のインストーラーを任意の場所に解凍
③$PLUGINSDIRとその他要らなそうなファイルを削除
④日本語化したければ同一フォルダ内に「Languages」フォルダを作成し落としてきたJapanese.lngをコピー
⑤同一フォルダに新しく「ImgBurn.ini」を作成し以下を記述して保存。

[Settings]
PortableMode=1
FILELOCATIONS_GraphDataFiles=.\Graph Data Files\
FILELOCATIONS_ImageFiles=.\Image Files\
FILELOCATIONS_LogFiles=.\Log Files\
FILELOCATIONS_ProjectFiles=.\Project Files\
FILELOCATIONS_QueueFiles=.\Queue Files\

⑥起動すると(゚д゚)ウマー

ImgBurnは基本的に設定を弄らないが(項目数多いし専門的でよくわからん)「イベント」タブより
・ログファイルを作成しない
・更新があるかのチェックをしない
という設定にはした。

さて今回作った非公式?ポータブル版とPortableAppsとの比較だがまず容量が明らかに違う。今回作ったほうが小さい。しかもPortableAppsの方は三階に一回ぐらい起動に失敗してエラーが出る。もうどっち使うべきかは明白である。
参考URL:
The Portable Freeware Collection - ImgBurn
関連記事
[ 2013年06月17日 02:23 ] カテゴリ:windows | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。