あまねこ TOP  >  スポンサー広告 >  php >  平成25年8月9日のPHP日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

平成25年8月9日のPHP日記

もうタイトル適当(

エラーをログとしてファイルに保存する
PHPにはerror_logというとても便利なメソッドが用意されている。
ただしサーバーで運用する際、パーミッションもちゃんと設定しないと実行されないので注意。
第一引数:エラーメッセージ
第二引数:今回はファイルとして保存したいので迷わず3。
第三引数:保存ファイル名。相対パス可能
<?php
$logFileName = "./errors.log";
$errorDate = date('Y年n月j日 G:i:s');
$errorMessage = "ファイルにアクセスすることができませんでした";
error_log($errorDate . "\t" . $errorMessage . "\n", 3, $logFileName);
?>

子クラスから親クラスの関数にアクセスさせる
残念ながらまだこのへんは完全に理解できてないの巻・・・
<?php
//親クラス
class ParentClass{
public $num;
function func(){
echo $this->num * $this->num . "
";
}
function setNum($num){
$this->num = $num;
}
}
//子クラス
class ChildClass extends ParentClass{
function func(){
//親クラスの呼び出し
//ここでは $clsP->num = 10;だとエラー
parent::setNum(10);
parent::func();
}
}
$clsP = new ParentClass();
//当然 $clsP->setNum(1);でも可
$clsP->num = 2;
$clsP->func();
$clsC = new ChildClass();
$clsC->func();
?>
関連記事
[ 2013年08月09日 22:50 ] カテゴリ:php | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。