あまねこ TOP  >  スポンサー広告 >  html >  buttonタグとinput type="button"の違いとは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

buttonタグとinput type="button"の違いとは

結論から言うと違いはほとんど無いっぽい。

普段使ってるのがinputの方だからButtonタグのほうがマイナーだと思ってた。
だからHTML5ではButtonタグ実は廃止してるんじゃないかなーとか思ってたけどそんなことなかった。
てかそれどころか機能追加されてるし、時代はButtonタグ・・・?

button要素は、HTML5ではHTML4.01には無かった autofocus属性・form属性・formaction属性・formenctype属性・formmethod属性・formnovalidate属性・formtarget属性 が新たに追加されています。

<button>>-HTML5タグリファレンスから引用


Buttonタグ使うと囲めるからボタン上に画像表示できたり文字のマークアップ出来るし、もしや時代はButtonタグなんじゃね?
[ 2013年07月23日 15:08 ] カテゴリ:html | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。